X-TCとは、エクスタシーという意味。

とってもセクシーなvape、X-TCシリーズなんですが、

種類も多いし、また同じようなイメージのGiselleもあるので、

どれを選んだらいいのか迷いますよね。

そこで、違いを説明します。

XTCとGiselleの違いは?

XTCとGiselleのスペックは同じです。

Giselleは、XTCモデルをGiselleブランドで販売しているということですね。

なので、X-TC2=Giselle、X-TC3=XENO Giselleということです。

 違いは、ケースなどについているロゴが違うだけですね。

X-TC1、X-TC2、X-TC3の違いは?

X-TC1、X-TC2、X-TC3の違いは、

PPCケースで充電できるスティックの本数です

X-TC3、X-TC1は1本、X-TC2は2本充電することができます。

XTCシリーズを選ぶ時のポイント

本体スティックは、基本的にX-TC1、X-TC2、X-TC3とも共通です。

X-TC3のみバッテリーは共通ですが、アトマイザーは専用アトマイザーです。

XTCシリーズの本体スティックの詳細

 

なので、XTCシリーズを選ぶときのポイントは、

本体スティックの充電が1本できるケースを選ぶか?

2本充電できるケースを選ぶか?です。

後はデザインですね。

XTCシリーズの賢い3つの選び方

本体スティックが1本充電できるタイプ

X-TC1 、X-TC3(XENO Giselle)

充電ケースに収納スペースが3つあって、

アトマイザーをつけたままの本体スティック1本と、

アトマイザーが2本収納できます。

本体スティックは、収納すればすぐ充電が始まります。

本体スティックのバッテリーは、タバコ約9本分吸えるくらいなので、

一回吸い終ったら充電ケースに入れて充電しておけばいいと思います。

アトマイザーの容量は0.3mlなので、

吸い方にもよりますがタバコに換算すると約6本分位だと思います。

アトマイザーのリキッドが終わりそうになったら、

ケース内の別のアトマイザーに付け替えて吸えば気分転換にいいですね。

X-TC3(XENO Giselle)のケースデザイン

ケースは、オイルライターのような重厚感のあるメタルボディです。

ちょっと重いけど、開閉時のキンッという金属音がカッコイイです。

X-TC3

⇒X-TC-3・XENO Giselleのレビュー

X-TC3はこちら
XENO Giselle

XENO Giselle<<楽天

X-TC1 のケースデザイン

XTCシリーズの中では一番古いモデルなんですが、

オーソドックスなスタイルで世界的に人気の高いモデルです。

スーツに似合いそうなデザインです。

X-TC1


⇒X-TC1 ver2の特徴

X-TC1 ver2<<楽天

本体スティックが2本充電できるタイプ

X-TC2 (Giselle)の特徴

持ち運びながら、充電ケースで本体スティックが2本が充電できます。

5~6回満タン充電できるので、

スティックのバッテリー切れの心配はしなくていいですね。

スティック2本で、タバコに換算すれば12本くらい吸えると思うので、

タバコやアイコスが吸えない場所で吸うには、

ちょうどいいくらいじゃないかと思います。

X-TC2 ver2(Giselle)のケースデザイン

オーソドックスでオシャレなデザイン。

テレビドラマでも使われてましたね♪

X-TC2 ver2

⇒X-TC2 ver2・Giselleの特徴

X-TC2 ver2<<楽天

Giselle

Giselle<<楽天

まとめ

ケースのデザインは、

X-TC1 ver2、X-TC2 ver2(Giselle)は、スーツに似合いそうなオーソドックスタイプ。

 

X-TC3(XENO Giselle)は、

メタルボディーでオイルライターみたいなカジュアルタイプですね。

 

どちらも、セクシーにかっこよくvapeを楽しみたいという人におすすめ。

吸う美容液、吸うアロマvapeでおすすめなのは?