ビジネスマンに人気のjoecig X-TCシリーズは、かっこいいのでタバコやアイコスが吸えない場所などでの、チョイ吸いようにいいと思います。

 

どれもスーツに似合うデザインなので、外出用に1本持っていてもいいんじゃないかと思います。

 

ただ、X-TCシリーズは、種類がいくつかあるので、それぞれの特徴がわかりにくいですよね。

 

Gisellとのコラボモデルもあるので、さらにわかりにくと思いますので、わかりやすくまとめてみました。

XTCシリーズを選ぶ時のポイント

 

本体スティックの充電が1本できる充電ケースを選ぶか?2本充電できるケースを選ぶか?

 

本体スティックの仕様は、初期のモデルX-TC1以外は同じなので、自分の吸う回数にあわせた充電ケースがセットになったものを選べばいいと思います。

 

本体スティックが1本充電できるタイプ

X-TC3、XENO Giselle

 

充電ケースに収納スペースが3つあるんですが、アトマイザーをつけたままの本体スティック1本と、アトマイザーが2本収納できます。

本体スティックは、収納すればすぐ充電が始まります。

本体スティックのバッテリーは、タバコ約9本分吸えるくらいなので、一回吸い終ったら充電ケースに入れて充電しておけばいいと思います。

アトマイザーの容量は0.3mlなので、吸い方にもよりますがタバコに換算すると約6本分位です。

アトマイザーのリキッドが終わりそうになったら、ケース内の別のアトマイザーに付け替えて吸えばいいですね。

X-TC1は旧型なのでちょっと違うんですが、その他はバッテリースティックのスペックはどれも同じです。

XENO Giselleは、X-TC3のGiselleとのコラボモデルです。

 

オイルライターのような重厚感のあるメタルボディです。

ちょっと重いけど、開閉時のキンという金属音がカッコイイです♪

 

X-TC3


X-TC3はこちら<<楽天

XENO  Giselle

 


XENO Giselleはこちら<<楽天

 

本体スティックが2本充電できるタイプ

X-TC2、Giselle

充電ケースで本体スティックが5~6回満タン充電できるので、スティックのバッテリー切れの心配はしなくていいですね。

スティック2本で、タバコ換算で12本くらい吸えると思うので、タバコやアイコスが吸えない場所で吸うにはちょうどいいくらいじゃないかと思います。

 

オーソドックスでオシャレなデザイン。

テレビドラマでも使われてましたね♪

X-TC2

X-TC2はこちら<<楽天

Giselle


Giselleはこちら<<楽天

まとめ

ケースのデザイン的には、X-TC2・Giselleは、スーツに似合うオーソドックスタイプ、

X-TC3・XENO Giselleは、メタルボディーでオイルライターみたいなカジュアルタイプですね。

 

バッテリースティックのスペックは同じ

 

バッテリースティックの長さは85mmなので、メビウスと同じサイズです。

ボタンを押さずに吸えるオートスイッチです。

 

アトマイザーのタンク容量は0.3mlなので、約80回吸引できます。

吸い方にもよりますが、タバコに換算すると約6本くらい吸えるイメージだと思います。

 

リキッドもアトマイザーとバッテリーをはずさないで入れられるトップフィル方式なので、

入れやすいし、液漏れで手がよごれるようなこともありません。