X-TC1は、世界のセレブたちが愛用!

X-TCシリーズの最初のバージョンで、

ヨーロッパやアメリカで長く人気を維持しているvapeですね。

バッテリー残量、充電状況を液晶画面で確認できて、バッテリーケースに

スペアアトマイザーを2箇所に収納できます。

吸引するだけでスイッチが入り、タバコと同じサイズなので持ち運びにも便利です。

XTC-1 ver2のスペック

パワーバンクケース1100mAh

バッテリースティック90mAh

アトマイザータンク容量0.3ml

【セット内容】

パワーバンクケース、バッテリースティック2本、アトマイザー3個

USBケーブル、操作マニュアル英語、ニードルボトル、USBチャージャー

X-TC2 ver2のバッテリーケース

バッテリーケースは、オーソドックスなデザインで落ち着いた感じです。

ビジネススーツに似合いそうですね。

ケースのふたは、ジッポーみたいな感じで開けます。

ジッポーライターを使っていた方にはたまらないと思いますよ。

 

ケースには、スティック1本と、アトマイザー2個が収納できます。

アトマイザーに違ったリキッドを入れておけば、

気分転換に違った味が楽しめますよ。

 

X-TC1 ver2の本体スティック


長さは5mmなので、タバコと同じサイズです。

EMILIよりも一回り小さいですね。

 

喫煙所で吸っていても、電子タバコと気付かれないと思いますよ。

 

アトマイザーのタンク容量は0.3mlなので、吸い方にもよりますが、

タバコに換算すると5~6本吸えるイメージだと思います。

 

タバコやアイコスの合間に吸って、減煙目的に使ってる方もいますね。

 

蒸気量は通常のタバコ並み。

電源ボタンがない吸うだけでスイッチが入るオートタイプなので、

タバコ感覚で吸えます。

X-TC1 ver2の評判・口コミ

車を運転しながら吸いたくてX-TC1を購入。
タバコと同じでスイッチなしですえるところが魅力。

 

タバコと同じサイズなのでもちやすくて吸いやすい。
蒸気量も充分あります。
アトマイザーがバッテリーケースに2個入れられるので、気分によってフレーバーが変えられるのが気に入ってます。

 

ボタンを押さずに吸える手軽さとリアタバくらいのサイズ感が気に入りました。
煙も爆煙とはいきませんがソコソコの煙がでるので満足です。
ただ連続して吸い続けるとアトマが熱くなるので注意が必要だと思います。

 

X-TC1はステルス性抜群で、周りに電子タバコと気付かれにくい。
ケースがシャツやズボンのポケットにスッポリ入り、薄いからじゃまにならない。

 

X-TC1 ver2<<楽天

 

小さくてセクシーなvape電子タバコ、X-TC1、X-TC2、X-TC3、Giselle、XENO Giselleの違いを徹底比較!