X-TCシリーズのケースデザインがカッコイイ!

joecigX-TCシリーズのデザインは、品が良くてオシャレでいいですね。

ビジネススーツに似合いそうです。

 

ケースのデザインは、

X-TC1、X-TC2はオーソドックスなイメージ、

X-TC3はカジュアルなイメージですね。

 

X-TC1

X-TCシリーズの初期のタイプですね。

アメリカやヨーロッパで、人気のようです。

ケースでスティックが1本充電できて、アトマイザーが2本収納できるようになってます。

X-TC1はこちらでチェック!

X-TC2

スティックが2本充電できます。

オーソドックスで、落ち着いたビジネススーツに似合いそう。

できる男のVAPEって感じですね。

X-TC2はこちらでチェック!

X-TC3

ケースでスティックが1本充電できて、アトマイザーが2本収納できます。

オイルライターをイメージしていて、ジッポーみたいにキンって音がします。

ジッポー好きには、たまらないですね。

ちょっと重いですが、このゴツゴツ感がいいですね。

X-TC3はこちらでチェック!

X-TCシリーズの賢い選び方は?

Joecig X-TCシリーズは、大人の男性に似合うVAPE電子タバコですね。

スーツに、一番似合う電子タバコだと思います。

 

X-TCシリーズには、X-TC1、X-TC2、X-TC3があるんですが、

どれを選んだらいいのか私なりの考え方をまとめてみました。

 

まず、X-TCシリーズのバッテリースティックのタンク容量は0.3mlなので、

タバコに換算すると約3本くらい吸えるイメージですね。

 

外出時にリキッド補充は面倒なので、リキッド補充をしなければ、

X-TC1、X-TC3は、アトマイザーを付け替えれば、

タバコ換算で約9本~10本吸えます。

※X-TC1、X-TC3は、バッテリケースで、バッテリースティック1本が充電でき、

アトマイザーが2本収納できます。

 

X-TC2は、タバコ換算で約6本くらい吸えます。

※X-TC2は、ケースにバッテリースティック2本収納できて、2本同時充電できます。

 

会社や外出先で吸う場合は、

タバコ換算で10本くらい吸えるようにしておいたほうが安心ですね。

吸いたいときにすえなくなるのは、つらいですからね。

 

私のおすすめは、

X-TC2スターターキットと、プラス1本バッテリースティックを持つこと。

 

これだと、リキッド補充や充電の心配をしないで、

タバコ換算で約10本くらい吸えますね。

 

X-TC2は、ケースに収納しておけば、バッテリースティックが2本同時充電できるので、

スティックのバッテリー切れを心配しなくていいです。

 

別もちのバッテリースティックのリキッドが終わったら、

ケースのスティックと入れ替えて吸えばいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

X-TCシリーズのバッテリースティックについて

X-TCのスティックは、バッテリーとアトマイザーをはめ込んだものです。

バッテリースティックは、X-TCシリーズ共通です。

 

アトマイザーは、X-TC1、X-TC2は共通です。

X-TC3だけ、アトマイザーヘッドのカタチが丸くなっています。

 

組み合わせたスティックの長さは、85mmなので、タバコと同じサイズですね。

バッテリー容量90mAh

アトマイザータンク容量0.3ml

アトマイザー抵抗値2.2Ω

 

 

 

X-TC1、X-TC3、kinetic、XENO Giselleのデザインの違いは?

4つの電子タバコのスペックは、そんなに変わらないので、

決め手はデザインですよ。

デザインの特徴を比較してみました。

 

X-TC3

オイルライターの開閉サウンドを、そのまま再現しました。

キンというメカニカルな金属音が、かっこいいですね。

スチールセイボディの、手にずしりと来る感じがたまらないです。

デザイン的にはXENO Giselleとほとんど同じなんですが、

スティックのアトマイザーが丸みのあるカタチに改良されていて、

吸う時の口当たりがよくなりましたね。

 

kinetic

オーソドックスなデザインが、落ち着いた感じでいいですね。

ビジネススーツに似合いそうです。

紹介している中で、スティックの重さが一番軽い電子タバコです。

他の電子タバコより、約40%位軽いので、くわえタバコにいいですね。

 

タバコケースにすっぽり入るので、タバコと併用してバランスとりながら、

減煙するにはいいですね。

 

XENO Giselle

高級感のあるデザインで定評のあるGiselleの新製品です。

オイルライターのような重厚感あるメタルボディが、カッコイイですね。

開閉する時のキンという金属音が、たまんないですよ。

X-TC3、XENO Giselle、kineticを徹底比較!

joecig XTC、XENO Giselle、kineticのスペックを比較してみた!

 

XTC3、XENO Giselle、kineticは、人気の小型電子タバコですね。

スペック的にはほとんど同じです。

価格も1000円位の違いなので、選ぶポイントはデザインの好みが大きいかな。

X-TC1、X-TC3、kinetic、XENO Giselleのデザインを比較

 

スペックの比較

共通する部分は、

・サイズ

タバコと同サイズ

・吸引方法

吸うと自動で電源の入るオートスイッチタイプ

・リキッド補充方法

吸い口部分から補充するトップフィル方式(リキッド補充が楽です)

・スティックのタンク容量

0.3mi  EMILIは1.0mlなので、ちょっと小さいですね。

約80回吸引できるようなので、タバコだと10本位のイメージですかね。

・ケースからの充電

ケースで、スティックが1本充電できて、付け替え用のアトマイザーが2本

収納しておけます。

・ケースの開閉

オイルライター方式(ジッポーみたいなイメージです)

・ケースのサイズ

ほぼ同じで、スマホサイズですね。

X-TC3、XENO Giselle、kineticを徹底比較!

 

違いは、

・スティックの重さ

kinetic約7g、X-TC3、XENO Giselleは12g。

kineticは他のものより40%位軽いですね。くわえタバコにいいですよ。

・バッテリーケースの重さ

X-TC3とXENO Gisellが900ミリアンペア、X-TC1とkineticが1100ミリアンペア。

X-TC3とXENO Giselleはメタルボディでちょっと重いので、バッテリーを小さくして

あるのかな。

 

X-TC3、XENO Giselle、kineticのスペックはほぼ同じですね。

 

スティックは、kineticが一番軽いですね。

くわえタバコがしたかったら、

kineticがいいと思いますね。

X-TC3、XENO Giselle、kineticを徹底比較!