joecig  XTCシリーズのスペックを比較まとめ

XTCシーリーズには、販売順にXTC1、XTC2、XTC3、XT1ヘルーモがあります。

Giselle、XENO Giselleは、XTC2、XTC3をブランド名を変えて販売しているものです。

 

バッテリースティックの仕様は、全部ほとんど同じです。

サイズはタバコサイズで、トップフィル方式なので液漏れが少ないタイプです。

 

パワーバンクケースに違いがあって、

バッテリースティックが1本収納充電できて、アトマイザーが2個収納できるのが、

XTC1(XTC1ヘルーモ)、XTC3(XENO Giselle)です。

 

バッテリースティックが2本収納充電できるのが、XTC2(Giselle)です。

 

どちらのタイプを選ぶかは、自分の吸い方で選ぶのがいいと思います。

後はデザインの好みになっちゃいますね。

 

XTCシリーズスペック一覧

XTC1 XTC2

(Giselle)

XTC3

(XENO Giselle)

Healmo
バッテリースティック サイズ 7.5mm×85mm 7.5mm×85mm 7.5mm×85mm 7.5mm×85mm
バッテリー容量 90mAh 90mAh 90mAh 90mAh
アトマイザー容量 0.3ml(約80回吸引可能) 0.3ml(約80回吸引可能) 0.3ml(約80回吸引可能) 0.3ml(約80回吸引可能)
吸引方式 自動吸引 自動吸引 自動吸引 自動吸引
リキッド注入方式 トップフィル トップフィル トップフィル トップフィル
パワーバンクケース 収納 スティック1本とアトマイザー2本 スティック2本 スティック1本とアトマイザー2本 スティック1本とアトマイザー2本
バッテリー容量 1100mAh 1,200mAh 900mAh 1100mAh
サイズ 48×13.5×108mm 55×13.8×108.5mm 45×12×106mm 48×13.5×108mm
バッテリ残量 液晶ディスプレイ表示 液晶ディスプレイ表示 液晶ディスプレイ表示 液晶ディスプレイ表示

 

XTCシリーズのケースデザイン

バッテリースティック1本とアトマイザー2本が収納できるタイプ

XTC-1

XTCシリーズの最初の機種です。

シンプルでオーソドックスで落ち着いた雰囲気がいいですね。

X-TC1

XTC-1 ヘルーモ

XTC1よりパワーバンクケースのバッテリー容量が大きくなっています。

ロゴは、XTC1のほうがカッコイイですね。

X-TC1ヘルーモ

XTC-3(XENO Giselle)

メタルボディのゴツゴツ感がいいですね。

フタをあけるときのジッポーみたいなキーンという音がいい感じです。

X-TC3

バッテリースティック2本が収納できるタイプ

XTC-2(Giselle)

2本充電しておけるので、使いかってはいいですね。

ケースのデザインも落ち着いていて、スーツに似合うと思います。

X-TC2

 

価格や吸い心地はどれもほとんど同じなので、自分の好みで選ぶのがいいですね。

XTCシリーズの賢い選び方